なぜ脱毛は安くなったのか

十数年前には、永久脱毛といえばニードル脱毛(針脱毛)でした。
これは毛穴に針を刺し、電気を流して毛根や毛包を焼くという手法で、1本1本焼いていくためかなりの時間と痛みを伴うものでした。

しかし近年、レーザー脱毛や光脱毛など脱毛機器の発達により、簡単に永久脱毛の効果を得ることができました。
レーザー脱毛ほど、ダメージを与えられない光脱毛の事は永久脱毛とは言えない場合が多いですが、回数を重ねていけば永久といっても変わらないほどツルツルになることができます。

さらに一度に当てられる範囲が広範囲になり、効率的になったことから価格は安くなりました。

しかしそれだけではありません。

美容業界は、いわば「女性の欲望」相手の商売です。
女性は「美」を簡単に手に入れることに弱いので、初回の脱毛が低価格で受けられる脱毛サロンがほとんどですが、その体験だけでツルツルになることはまずないのです。
脱毛は毛周期の関係で2ヵ月?3ヵ月置きに光を当てますが、毛の濃い部位や、細い毛が密集して生えている部位などは4回では全く足りません。
この「あとちょっと足りない!」という欲望を逆手にとって追加料金が高い設定になっているのです。

そういった罠にひっかからないように、最初から無制限、無期限の全身脱毛へ申し込むのが賢いのかもしれません。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

このブログ記事について

このページは、pjが2012年11月26日 13:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全身脱毛?部分脱毛?」です。

次のブログ記事は「お勧め脱毛ケア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。